• 競馬の予想といえばココが鉄板!!稼げる情報満載!!
  • 競馬の予想で困り、情報を求める方に朗報です!!競馬予想サイトを使いトコトン勝ちにこだわる!!
  • 競馬予想を始めて少し経った頃に確認すべきこと

    トップページ
    お気に入りに追加
      

    競馬予想を始めて少し経った頃に確認すべきこと

    最初から割と当たるという人、最初からこれまでほとんど当たらない、もしくはまったく当たらないままきてしまったという人がいると思うんですが、当たる人と当たらない人の違いはなんなんでしょうか。
    割と当たらない人には特に確認してもらいたいこと、そしてそこそこ当たる人、よく当たる人も確認してもらいたいことを挙げていきます。

    1 買い方に固定がないか
    これは誰しもがはまる罠です。
    よく当たるという人で、3着までを当てればいいという複勝ばかりを買っているという人と、3着の内の2頭までを当てないといけないワイドや馬連などをよく当てているという人では、よく当てているという意味でも、内容というか競馬予想における実力というものが全く違います。
    もちろん複勝ですら当てることが難しいものでもありますが、複勝しか買っていなくて当て続けているという人は、是非次のステップに進みましょう。
    3着までくる馬の内2頭を当てれば着順は関係ないというワイドを当てるとなるとぐんと難しくなりますし、的中率は下がるとは思いますが、倍率も儲けもぐんと上がりますし、ワイドや馬連、1着を当てる単勝でもいいですが、それらを当ててこそ当てる外れるという言葉が相応しくなってきます。
    また、馬連や三連複や三連単といった倍率が高く少額でも儲かるものばかりを狙っていて全然当たらないという人は、ワイドや複勝といったものにも手を出していきましょう。
    外れ続けるというのは精神衛生上良くないですし、当て癖というか、勝ち癖をつけるためにも、見返りが少なくてもなにかは当てるということを目指してみましょう。

    2 見方が偏っていないか
    ある程度レースを見ていくと好きな馬が出来たり、好きな騎手が出来るとは思いますが、そこばかりに入れ込んでしまうと他の馬や騎手の良さなどが見えなくなってしまい、勝ちを逃すことにも繋がってしまいます。
    贔屓ができること、好みが別れることもありますが、大事なことはどれだけフラットな目線で見ることが出来るかです。
    馬の調子や実力、そして騎手の調子と実力を贔屓なしにしっかり見比べることができれば的中率も上がることでしょう。

    初心者には見えていても、中級者や上級者には見えにくくなることというのもあります。
    そこに囚われることなく、出来るだけ大きく、出来るだけ自由にフラットにレースを捉えながら予想を的中させていきましょう。